2017-08

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.04 Mon
お能

観客と同じ身体を持つ能役者が、
面(おもて)という身体的異物をつけ、
新たな身体を得ることにより、
人間を超越し、
神・霊・鬼など
現世の物ではなくなる、
その瞬間の夢幻の美。

仮面を付けヒトならざるヒトが、
死と生をつなぎ、
在りし世を語り物語を再生する。
哀しむべき魂は昇華され、
あちら側へと帰ってゆく。
そして夢がさめ、
この世に、日常に帰る。

鎮魂の芸能。

世の恐怖や不条理が、
悲劇的でありつつも、
美として表現される、
「能」の世界。「幽玄」の世界。

舞台表現とは何なのでしょうね。
今、この今、リアリティのある舞台表現とは、何なのでしょうね。

というわけで、何でも勉強するのは楽しいもの。
明日は飛行機に乗って行ってきまーす。
飛行機大好き!
あの飛ぶ瞬間のドキドキはたまらんです。
加速しろ!飛べ!金属と肉の塊よ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://annadiary.blog59.fc2.com/tb.php/57-04a12f32

 | HOME | 

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。