2017-10

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.17 Wed
物語憑き

憑き物の如くに物語。明けても暮れても物語物語物語。いったいいくつのヒトがコトがわたしの中を通過したのだろうと思います。物語を消費しまくってました。でもやっと憑き物が落ちましたよ。夢を見たんです。海の中の洞窟の、鍾乳石を見るために、緑色の濁った海に深く深く潜る夢。はじめは光が射さず、あまりに濁った海の色に戸惑い、潜ることができず、砂浜で恐怖に震えているのだけれど、やっぱり潜らなければと、海に向かうと、雲間から光が見えて、ヤコブのはしごのように見えて、その光を頼りに、海に潜るのです。恐怖に脅えながらも、深く深く。怖かった。残念ながら、鍾乳石は見ることができなかったのだけれど、それはそれで。ね、憑き物が落ちそうでしょ。フロイトの夢診断を参照するまでもなく、物凄く判り易い夢なんだけど、鍾乳石は見れなくて当たり前だろうけど、まあそんなわけで、物語そのものからはいったん離れ、今は口承文学とか神話・昔話・伝説等、「物語」の原点を探る読み物を色々と読んでいます。物語に近付きすぎたので、相対化するために。そんな暑い夏まっさかりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://annadiary.blog59.fc2.com/tb.php/38-9612e5a1

 | HOME | 

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。