2017-08

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.23 Sun
blogとのおつきあい

全く知らないヒトのblogを読むことというのは
どのくらいの割合であるのだろうと思います。
計算好きの私が計算してみましょう。
日本を対象とします。

インターネット人口;70,072,000(人)
参考 http://www.iajapan.org/iwp/

ウェブページ数;200,000,000
参考 http://www.2004.jp/mailmagazine.html

ブログ数;600,000
参考 http://kurokage.seesaa.net/article/3236349.html

検索エンジン利用ユーザ;84%
ユーザー1人あたりの平均検索エンジン利用回数;33回/月
1回のアクセスで検索する件数;4.4回
(日本のデータがないので、米国データを流用します)
参考 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/08/12/4260.html

全国での平均web検索回数;
70,072,000×0.84×33/30×4.4=284884723.2(回/日)

1回検索した場合いくつのサイトを実際に見るか?;5サイト
(経験上もっと多いが平均するとこれくらい?ここがデータ見つからんのんです。)

全国で検索結果としてブログを見る回数;
284884723.2×5×600,000/200,000,000=4273270.848(回/日)

あれ、実は1人当たりで見た方がいいので、人口の値関係ないやん!
まあ、もっかい人口で割ろう。

1人当たりで検索結果としてブログを見る回数;
4273270.848/70,072,000/0.84=0.0726(回/日)

ということは、逆数にして、
1人当たりで検索結果としてブログを1回見る日数間隔;
1/0.0726=約13.8日
   ようやく出た結果としては、日本では14日に1回はほぼ知らないヒトのブログを検索結果として見るということですね。まあ、仮説の嵐に基づいたデータですが。実際のところ、自分のことを考えるとWEBはよく利用するのでもっと多いのですが、平均するとこんなもんかなという気もします。

何故こんなことしたのかというと、ブログを書くという行為は結局伝えたいことがあって、それを誰かに伝えたいと思うからだというような意見をもらったからです。

実際にその通りだと思います。イージーに自己表現ができますね。想定したあなたに、見知らぬあなたに、何かを伝えることが、わりあい楽にできますよね。あくまでも方法として簡便だということが言いたいわけですが、もちろん時には自己の怠慢のエクスキューズとしても使用されるわけです。それは自分に向けて、またはウェブという曖昧な外部に向けて。文字・画像を並べるという手段で。

WEBの向こうにいるもやもやとしたあなたと、今日出会う実体を持つあなたと、どちらをリアルな他者として感じることができるのか。他者は自己の投影なのかもということも含めて。どちらを親密に感じることができるのか。14日に1回つまり1月に2回起こる偶然の出会いの手触りがわたしたちにどのような精神の変容をもたらすのか。

実体としての(すでに知っているあるいは全く知らない)あなたと深くコミットしたいと、コミュニケートしたいと、私自身は考えていると思います。誤解を積み重ねながらも、何かを共有したいと思います。そのツールになればよいのだけれど、実際には、そんなに上手く使えないのが現状です。メールとか、WEBでのコミュニケーションとか。

ステレオタイプな結論ですが、何かを発表する以上は、伝えたい誰か、伝わってしまうかもしれない誰か、伝えたい内容、伝わってしまうかもしれない内容を、注意深く、考えることだと思います。もちろん、私にとってですが。

と、まあ、眠れぬ夜に、想定したあなたに、見知らぬあなたに、どうでもよいようなことですが、お伝えしてみました。計算は楽しかったです。そうか、日本で2億ページか~60万ブログか~って。想像つかないな~。新聞何年分くらいのデータ量なのかな~って。

その計算は、またの機会に。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://annadiary.blog59.fc2.com/tb.php/17-2d5282fd

 | HOME | 

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。