2017-09

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.27 Wed
午睡の濁り

この 皮 = "紙"No.3 は自分でもとても気に入っています。



紙の陰はわたしの皮膚を侵し、
わたしの境界はわたしの躰から離れ、
浮遊したわたしの眼はその二重のわたしの姿をじっと見ているのです。

午睡の濁りが見せる幻。そのリアルな感触。
 
スポンサーサイト

コメント

うん、このシリーズは僕も好きです。プロジェクトのコンセプトとは違うと思うんだけど、大きく焼いてギャラリーに並べた状態で見てみたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://annadiary.blog59.fc2.com/tb.php/148-40262dd1

 | HOME | 

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。