2017-08

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.06 Fri
Alternative Paradise

一昨日も書きましたが、また行きました、
金沢21世紀美術館。
http://www.kanazawa21.jp/alternative_paradise/

すばらしい企画の展覧会でした。ほんとうに。
ミニマムな空間に展開するグロテスクでキュートな作品の数々。
作家と素材との野蛮で繊細な関係は、
まさにオルタナティブな美を生み出していました。

どの作品もすばらしかったのですが、
特に1つ挙げろというならば、T-Room。
コンセプトをカタチにするアイデアとプロセスに感嘆。

WEBより
「T-roomはお茶を『空間』としてではなく、『時間』(TIME)として捉えようという試みです。お茶を『空間』として捉えると、その結果はひとつの『茶室』という完結したroomになります。しかし、T-roomは時間の経過に沿ってとり行われるいくつかのアクションを、たばねた(tie)ものです。
ゆえにこの「時間」の茶室は、空間をデザインする人々によってではなく、物やイメージ(映像)をデザインする人々(岩井俊雄、原研哉、深澤直人)によってデザインされます。アクションとは人と物、人とイメージとの間で繰り広げられるインタラクションです。われわれはここで物やイメージをデザインしているわけではなく、実はインタラクションをデザインしているのであり、その連鎖するインタラクションの包絡線をひとつのきわめて柔らかい素材(人工皮膚)で作り上げ、それをT-roomと呼んでみたわけです。」(隈研吾)


画像は21世紀美術館内です。



SANAAのうさぎいす欲しい・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://annadiary.blog59.fc2.com/tb.php/11-00434a11

 | HOME | 

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。