2017-11

--.--.-- --
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.27 Wed
午睡の濁り

この 皮 = "紙"No.3 は自分でもとても気に入っています。



紙の陰はわたしの皮膚を侵し、
わたしの境界はわたしの躰から離れ、
浮遊したわたしの眼はその二重のわたしの姿をじっと見ているのです。

午睡の濁りが見せる幻。そのリアルな感触。
 
スポンサーサイト

2006.07.06 Thu
盲目の

あすは CHAK-Hi イベント第二弾!
現在の心境で写真を選んでみました。



あふれる情熱。

2006.06.25 Sun
カワビラキ

CHAK-Hiイベント第一弾終了しました。
それにしても廃ビルすてきやね。



ビルの陰と、人の影。

2006.06.15 Thu
発光する影

CHAK-Hi 最新FLASH作品で使った加工方法がちょっとよい感じなので、
こちらではこんな画像も作ってみました。

こういう中間色だらけの画像は、
モニターの特性に大きく左右されますので、
いろんなモニターで見るとより楽しめるかと思います。



殺伐とした港のひびわれた堤防にかかるくっきりとした電柱の影に心和みますね。

2006.06.13 Tue
皮を着るということ

『肉体的な美しさはただその皮膚にあるのみだ。その皮を一枚はいで、ちょうど内臓の透けて見えるボエオテイアの山猫を見るように、内部を眺めることができたなら、だれでも女性を見て吐き気を催すようになるだろう。彼女たちの優美さも、実は粘液と血液、水分と胆汁から出来ているのだ。いったい考えてみよ。鼻の穴のなかに何があるか。腹の中に何が隠されているか。そこにあるのは汚物のみだ。しからば、鼻糞にも汚糞にも指一本ふれようとしないわれわれが、どうして排泄物に容れもの自体を胸に抱きしめたいなどと考え得るだろうか。」(ホイジンガ『中世の秋より』) 
澁澤龍彦『夢の宇宙誌』より




最近作った CHAK-Hi フライヤの色違い画像です。
最近は緑という色が好き。毒薬の色。

『夢の宇宙誌』のあとがきに、以下のような文章が掲載されています。

『本文中に「内臓の透けて見えるボエオテイアの山猫」のことを書いたが、これは未熟な私の気がつかなかった翻訳の間違いで、正しくは「皮膚の下にあるものまで見透かす山猫」である。あえて訂正しないでおいた。』

こういうとこがなんとも可愛らしいです、澁澤龍彦め。

 | HOME |  »

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

【アンナの日記】

ホロコーストの時代に生きたアンネ・フランクにこの日記は関係ないけれどいつか訪れたいアウシュビッツの風景を記録として記憶として鮮明に残せるよう日常を少しづつ撮影してみたり文章を書いてみたり

アンネさん少し力を貸してください




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。